真実の美は二重整形で得られる「費用やクリニックを徹底攻略」

見上げる女性

離れ目を治す

電卓を手に取る

目と目の幅をより広くしたい場合には、目頭切開法と呼ばれる二重整形の1種で改善できるのです。
この方法では二重整形と同じようにパッチリキレイな目を作ることができるので、より美しい印象を与えるためには最適です。実際にこの施術を受けようと思った場合には、どんなポイントに注目すべきか説明するので、参考にしてみましょう。目頭切開法では、その名の通り目頭を切開することによって目と目の距離を近づけたり遠ざけたりすることができるのです。また、白目が皮膚と重なってあまり見えていなかった場合でもこの施術を受けることによってハッキリ見せることができるようになるので目が大きくなったように見えもします。
このような施術を受けることによって、顔の印象を大きく変えることができるので、口コミでも話題になっています。目頭にある蒙古襞とは、アジア人独特のものであり欧米人には見られないものです。これが原因で目が小さく見えてしまう場合もあるのです。これを目頭切開法では取り除くことができるのでパッチリキレイな目に見せることができるので、日本だけではなく他のアジアでも口コミで人気のある美容整形施術なのです。
しかし目と目の間があまりにも近い人はこの施術を受けるのではなく他の二重整形施術が向いています。
基本的に目と目の幅を近づける施術なので、本当に自分に向いている施術なのかを確認しておきましょう。
目頭切開法には2つの種類があり、目頭をどのように切開するのかの違いが印象を大きく変化させます。
可愛らしい二重を目指しているのであれば、Z形成術と呼ばれる目頭切開法が最適です。この方法はその名の通りで目頭付近の皮膚をZ型に切除します。これとは別にW切開術と呼ばれる方法もあります。
この方法は技術力の高い医師が行なうことによって理想の目元になれるのです。そのため本当に安心して任せることができる名医を探してから受けるようにしましょう。目頭切開法をクリニックで受ける場合には相場を調べておくことも大切です。そのときにチェックするべきことは、いくらの費用がかかるのかということです。クリニックによって費用が異なるので、まずは相場を知ることが大切です。エリアによっても目頭切開法の費用は異なりますが、平均で20万円前後の費用がかかります。
この施術は二重まぶたにする整形と同時に受けることもできるので、より目の印象を変えたい人に最適です。